エラを目立たなくするならボトックスが最適!ポピュラーな小顔施術

エラは筋肉かもしれない

看護師

他の施術に比べると

高いアンチエイジング効果を持つことで知られるボトックスは、美容医療において、多様な部位に活用されています。その一つが、エラを縮小させる小顔施術です。ずっとエラ張り顔に悩み、骨切り整形手術まで考えたことがあるという女性は少なくありません。しかし、実際にエラ骨が張っているのではなく、咬筋が張っているというケースは少なくないです。歯軋りや食いしばりのクセがある人はもちろん、固いものをよく食す人や咬む力が強い人などは、咬筋が発達しやすいです。歯軋りする人は自覚があることが多いですが、知らない間に咬筋が発達している人も珍しくありません。咬筋の発達によってエラが張っているように見えるのだったら、筋肉を萎縮させれば良いことです。それが、ボトックスによって可能になりました。ボトックスの原料となるA型ボツリヌストキシンの作用は筋萎縮作用です。咬筋に直接注射すると神経伝達物質の働きをブロックするので、筋肉に力が入らなくなり、発達した筋肉も徐々に弱っていきます。そうなると、自然にエラが目立たなくなり小顔にすることが可能です。発達した咬筋を小さくする小顔施術には、咬筋縮小や咬筋萎縮などがあります。咬筋縮小は口腔内からメスを入れて咬筋の一部を切除する方法で、咬筋萎縮は口腔内から細い金属棒を咬筋に差し込んで電流を流すことで筋肉を萎縮させる方法です。どちらもあまり広く行われている施術ではなく、メスを入れることに抵抗を覚える人も少なくないことから、一般的ではありません。その点、ボトックスは注射をするだけという手軽なイメージが強く、ポピュラーな小顔施術となっています。ボトックスは、注射すると数日以内に効果が現れ始め、1週間から2週間後には効果が最大になります。この間、メスを入れる施術のようなダウンタイムを必要としないため、仕事や学業に支障を来たすことがありません。注射針によって血管が傷ついた場合は内出血の可能性がありますが、大きなアザになることはないでしょう。注射後すぐに成分がほかの場所に流れるような行為をすることは禁じられているものの、生活への制限もほとんどないのも安心です。

注射

メスを使わないプチ整形

ボトックス治療は顔にメスを入れずに、注射での施術だけで小顔になれるプチ整形です。施術後、すぐに日常生活に戻れるというメリットがあります。費用の相場は1回の施術につき、約5万円から10万円前後と美容整形の中でもリーズナブルです。

女性

もしもの対処は忘れずに

ボトックスは、小顔の他に多汗症の抑制などの効果があります。人付き合いに自信を持つことができて、振る舞い方にも恩恵があります。安全性のために問題発生事例を確認しておき、注入量と体質に気を配っておきましょう。相談先も見つけておきます。

注射

理想の顔になりたい

ボトックスで小顔になる整形を受けるときには、ホームページから無料の相談を利用し、安心して施術を受けることができます。また、気をつけなければならないことは医師と相談しつつ、施術を進めていくことで、それほど大きな障害にはなりません。

女性

エラの張りを注射で解決

細い注射針を使うため、ボトックスの小顔注射は麻酔なしでも受けられるほか、医院によってはコンビネーション治療も提供されています。初めての小顔注射なら認定医を探すのが良く、理想の小顔がある際は写真を用意して、カウンセリングの時に提示しましょう。

カウンセリング

筋肉の確認から注射まで

小顔目的のボトックス注射は、咬筋の張り具合を確認して、施術可能かどうか判断します。施術可能となれば場合によって麻酔を効かせて、片頬5分くらいかけて注入していきます。注射後少し冷やしたら、すぐ帰宅可能です。